日本で人気急上昇中の電子タバコの基礎知識


電子タバコとはどんなもの?

度重なる課税や受動喫煙防止法の成立により愛煙家にとって厳しい時代になっています。そんな中、日本では電子タバコの普及が急激に進み注目が高まっていますが、具体的にどのような商品なのか理解できていない人も少なくないようです。そこで今回は次世代型タバコとして注目を集めている電子タバコについてご紹介します。

従来のタバコとの違い

電子タバコは従来のタバコと比べて健康被害が少ないという点でも注目されています。電子タバコはタバコ葉を用いずリキッドと呼ばれる味や香りのついた液体を電力で加熱してその蒸気を吸い込むというものです。日本国内においてはニコチン入りのリキッドの販売は禁止されていて、ニコチンが含まれていないというのが電子タバコの大きな特徴となっています。身体への悪影響を抑えることができるだけでなく、副流煙も発生しないため周囲への影響も気にせず吸うことができます。健康面を気にする人には、従来のタバコから電子タバコへの移行がおすすめです。

電子タバコの魅力について

従来のタバコのような嫌な臭いの煙が出ないという点も、電子タバコが好まれる理由です。家の中でも煙が抑えられるため、タバコの臭いやヤニによる黄ばみが気になる人にも好まれています。嫌な煙は出ないけど、従来のタバコの煙に似た感覚で楽しめるという点も電子タバコの魅力の一つになっています。ただし電子タバコも従来のタバコと同じで吸える場所は限られているので、しっかりとマナーを守って楽しむことが大切です。

電子タバコで紙巻きタバコの風味を再現するのに不可欠なニコチンリキッドは製品によって風味が違います。後味が良く、不快な臭気を飛散させない高品質の物を選ぶのが電子タバコを気持ち良く使う工夫です。